乳癌の正しい知識を得る|発症しても適切な治療で完治を目指す

シニア

早期の対応が重要

病室

胆管がんが発症すると、黄疸や寒気を伴う高熱が出ることがほとんどです。気付いたら、早期の対応が必要となります。胆管がんの治療は手術が主流で専門性が非常に高いです。胆管がんの治療や処置経験が高い専門病院に行きましょう。

View Detail

音無く病はやってくる

病院

胃がんは発症しても症状に現れないことがあります。気付いたら大きくなっているなんてこともあります。自分で出来る予防対策と定期的な検診が胃がんを早期発見することが出来ます。

View Detail

目に見えない危険

シニア

脳動静脈奇形を聞いたことある人はそう多くは無いでしょう。先天性の病気で、脳動静脈奇形が原因で重大なケガや病気に繋がることがあります。症状があらわれた場合専門医に相談することで適切な治療を受けることが出来るでしょう。

View Detail

ガンに向き合う

医者

自分の体を自分自身が知るということは、健康な体を維持する上でとても重要です。しかし、どれだけ気をつけていても病気になってしまうということがあります。特に近年、女性特有の病気になる人が多いです。ひと昔前まではガンと聞くと年配の人がなるイメージが強かったものが近年は年齡に関係なくガンが発症することがあります。乳癌は女性特有の病気の1つです。乳癌は、触るだけで異変に気付くことでも知られています。例えばお風呂に入っている時に胸にしこりを感じたことで乳がんに気付いたなんてこともあるのです。

ガンには進行を表す病期という目安になるものがあります。乳がんも同様に0期からⅣ期まで段階が分かれています。病期の段階によっても効果的な治療法が異なります。治療方法としては手術・放射線治療・科学療法・ホルモン療法などがあります。乳癌が胸のみの発症の場合は局所療法である手術や放射線治療がおこなわれます。しかし、病期が進み全身に転移してるとなると全身療法である化学療法やホルモン療法がおこなわれます。乳癌の治療には診断をうけてから治療方針の決定を専門医と相談することが重要です。完治に向けて、どのような手順を踏むのかしっかりと把握・理解することが安心して治療に取り組める重要なポイントとなるでしょう。また、不安なことは自分一人で抱えずに医師に相談することで解決できることもあるでしょう。現在の医療技術では適切な治療を行うことによってガンは取り除くことが可能です。怖いのは摘出後に別も場所に転移や再発してしまうことです。これらを防止する治療も受けることが推奨されています。ガンと向き合うことが完治に向けた重要なポイントと言えるでしょう。