ISO27001 取得には情報管理が重要│システム保守マネジャー

オフィス

情報は管理する時代

WEB

情報は価値がある

企業にとって人材と同様の価値があるものとして言われるようになったのが情報です。インターネットの誕生によって、現在は情報の時代となっており、かなり多量の情報がありふれています。多くの企業ではシステムを利用して情報管理をするようになりましたが、セキュリティシステムなどを活用してしっかりと管理しなければ情報漏えいは予防できないということです。最近では標的型サイバー攻撃やウイルスハッキングなどがかなり増えているので、セキュリティシステムの強化は企業にとっても大きな課題と言えるでしょう。情報管理システムにも様々な種類がありWAFなどもその1つです。他にも、ポータブルサイトを運営している企業であればEMA認定などを受けることによって、管理体制が整っていることを証明することができるでしょう。

情報管理体制を整えることで取得

情報管理をしっかり整えることによって、ISOを取得することも可能です。ISOにも様々な種類がありますが、情報管理におけるものがISO27001です。企業内の情報が漏洩することを予防し、外部に盗まれないようにしっかりとした体制を整えているかどうかを判断して認定される国際規格となっています。国際基準でもあるISO27001は、取得することによって企業の信頼性を国内外に発信することができるでしょう。ISO27001を取得する為にも、まずは企業内の見直しや、事業内容に合わせて管理体制をチェックしていく必要があります。現在社内にどのような仕組みが足りていないか、改善し規定を定め、マニュアル化するのが良いでしょう。マニュアル化することによって従業員全体に体制を周知することができます。

感染を予防する

SEO

システム社会となった現代では、多くの企業でシステムを活用して仕事をしています。その時に脅威となるのが標的型サイバー攻撃です。セキュリティシステムを取り入れることによって予防できます。

サイトを運営するなら必須

WEBサイト

ポータブルサイトを運用する企業はEMAから認定を受けることによって、多くの人に健全なサイトであることを証明することができます。EMAから認定を得る為にもサイト監視はしっかり行なう必要があります。

WEBを安心して使う

制作

WEBアプリケーションを安心して使う為にも取り入れておきたいのがWAFです。WAFを導入することによって、企業内システムで利用しているパスコードなどの情報流出を予防することができます。