乳癌の正しい知識を得る|発症しても適切な治療で完治を目指す

看護師

目に見えない危険

シニア

脳動静脈奇形とは、脳の血管の病気です。先天性の病気で、生まれ持ったものなのです。通常、血管は酸素や栄養を運ぶ血液が通る動脈と運び終えた血液が心臓に戻る時に通る静脈が別々で存在します。しかし脳動静脈奇形はお腹の中で形成される際に異常をきたしてしまい、動脈と静脈が繋がるといった病気です。この脳動静脈奇形だと、動脈の圧力が静脈に伝わってしまうことや動脈の圧力に耐え切れない弱い血管に伝わることで出血を引き起こしてしまいます。この際に起きた出血の場所によってくも膜下出血の症状である頭痛や嘔吐意識障害が起こってしまいます。時に、出血が無くても脳の活動を圧迫することでけいれん発作が起こることもあるのです。

脳動静脈奇形に対する投薬治療といったものはありません。ただ、けいれん発作が起きた場合は薬を服用することで抑えることが必要となります。また、脳動静脈奇形への治療となると出血を防ぐ目的や一度出血した血管から再び出血が起こらないようにするといった目的の上手術をおこないます。開頭手術やガンマナイフ治療、またはカテーテルをしようした塞栓術が主な手術内容となっています。

脳動静脈奇形は、放置すると重大なケガや病気に繋がってしまう可能性があります。少しでも症状があらわれた場合、専門医がいる病院を受診すると良いでしょう。適切な治療をおこなうことができれば重大なケガや病気を回避出来る可能性が格段に上がるでしょう。健康な体を維持するためにも体の不安は放置しないことが重要なポイントです。