乳癌の正しい知識を得る|発症しても適切な治療で完治を目指す

看護師

音無く病はやってくる

病院

胃は、体の消化器官の1つです。体にとって非常に重要な役割をしています。体内に摂り入れた食べ物を一時的に溜めておくことが出来ます。胃袋はその点からつけられた名称と言われています。胃に食べ物を溜めている間に細かくしたり、胃液と混ぜて粥状になるまで消化したりと消化器官の中で重要な役割を担っているのです。

時に、そんな重要な部位である胃にもガンが出来てしまうことがあります。胃がんと呼ばれるものです。胃がんは胃の内側の粘膜無いでガン細胞が発症し、増殖をおこないます。この増殖を繰り返すことによって胃がんは大きく成長するのです。社会に出ると、人間ドックや健康診断を定期的におこなうことがありますがその検査で胃がんが見つかった時には何年も何年も増殖を繰り返し大きくなった後だと言われています。そのことからも分かるように実は胃がんになってもあまり体に症状はあらわれません。自覚症状がないまま、胃の中ではガン細胞は増殖を繰り返すのです。そんな中でも代表的な症状として胃の痛みや不快感が出ることがあります、しかしこれらの症状は胃炎や胃潰瘍と似た症状となっています。詳しい検査をするまで一概に胃がんとは診断が出来ないのです。

胃がんは食生活の乱れや塩分の過剰摂取、喫煙なども胃がんのリスクを高めてしまうと言われています。また、野菜や果物といった植物性の食材の摂取不足も原因の1つとして指摘されています。体がガンに蝕まれる前に自分で対策出来ることはおこなうことが健康な体を保つ上で重要なのです。また、定期的な検診はおこなうことで早期の発見が出来ます。いつでも、自分の体は自分が把握出来るようにすることが大切です。